治療法・料金 | 整体 口コミはさいとう接骨院

さいとう接骨院 本院 TEL:042-793-7555

治療法・料金

足のねんざ

s07

骨に異常がなく、靱帯と関節を痛めただけと軽く見られがちです。
シップの交換ぐらいで、しっかり治療が行われないケースが多いです。
そのため痛みが少なくなって競技に復帰してから、再び痛める場合も多くあります。

治療法

① アイシング
② 手技・ローラーによる関節可動域回復の促進
③ 早期回復・再発防止のための骨盤整復

競技の特性・利き足などにもよりますが、ほとんどが骨盤のねじれによって体重のかかり方に左右差がうまれ、ねんざを起こします。
骨盤整復も行うことによって体のバランスから治し、運動指導などでさらに強い関節にして再発を防止します。

つき指

s02

軽くつき指と考えても、関節のねんざになります。治療することによりかなり治癒が早くなります。
バレーボールや球技で何回も痛めると、関節が太くなり、曲がらなくなったり伸びなくなったりすることもあります。

治療法

① アイシング
② 手技による関節可動域の回復
③ テーピング

手技により痛めた関節から潤滑油が発生し、腫れが早く引き、曲げ伸ばしが楽になるのを実感します。
競技しながらでも治せるので、テーピングをして固定をします。

シンスプリント

s05

陸上競技やバスケ、バレーボールの選手に多いです。
すねの内側が走ったり跳んだりした時に痛くなります。患部を押すと痛みがあることが多いです。

治療法

① アイシング
② 足首の手技整復
③ 骨盤整復
④ ウォーターベッドなどでの運動療法

状態により治療の仕方は様々ですが、骨盤と足の関節のバランスがとれずに負担がたまったものです。
局所の炎症をアイシングで抑え、プレー中の足の使い方などを指導することにより治癒を早めていきます。

腰痛

s04

中腰でかがむと痛い、台所で立っていると痛い、朝起きるときに痛い、歩くと痛いなど様々な痛みの出方があります。
病院ではヘルニア、すべり症、分離症、脊柱管狭窄症、ぎっくり腰(急性腰痛)など色々な診断名がつきます。
痛みの強弱問わず、ほとんどが骨盤の動きの悪さからきています。

治療法

① 骨盤整復
② 腰椎(背骨)の整復治療
③ 運動療法
④ アイシング(痛みの強い方は特に)

原因の骨盤を悪くする大きな要因は、姿勢不良と歩行不足です。
患者様の日常生活をしっかり聞き、個別に合った運動や日常生活の注意点なども指導していきます。

肉離れ

s03

筋肉に急激な力が加わり、筋膜内での筋繊維の損傷となります。
ふくらはぎやももに多いです。
動かして痛い、押して痛いという症状があり、損傷の程度により内出血も見られます。
安静・冷却のみで治すと思われがちですが、積極的な治療で早く治ります。

治療法

① 筋繊維を整えるローラー・手技
② テーピング・固定

肉離れとは簡単に言うと繊維が切れた状態なので、切れた繊維をくっつけ、再び切れないように固定します。
治療により競技復帰は格段と早くなります。

テニス肘

s02

ラケットでボールを打つ際に肘に負担がかかり発生します。
テニス肘と名前が付いていますが、テニスをしていない人にも起こることがあります。
手のひらを上に向けた状態で、肘の外側の骨の出っ張り周辺が痛みます。筋肉の付着点の炎症が痛みの原因です。
手を下に向けて物を取ったり、ぞうきんを絞ったりで痛みが発生します。

治療法

① アイシング
② 手首と肘の手技による関節の潤滑状態の回復
③ ローラーによる筋肉の整復
④ 首と骨盤整復

炎症がありますので患部をアイシングします。
手の使い方で悪化するので、手首の治療は重要になります。
骨盤や首のバランスにより、片方の肘への負担が出ることも多いので、ひどい方は全身から治療した方が早く治ります。
日常の使い方で悪化を防げるので、細かく生活指導をします。

野球肩・野球肘

s01

一般的に言われる原因は“使いすぎ”“悪い投球フォーム”“筋力不足”と言われます。
ボールを投げた際の痛みが一番の症状ですが、悪化するとボールが投げれなくなったり、手術を勧められる場合があります。

治療法

① 手・肘・肩関節の潤滑をよくする手技、ローラー
② 運動療法
③ 骨盤矯正
④ フォーム修正、運動指導

まず、手技によって痛めた関節の動きを回復させます。
そして、運動療法により体全体のバランスと動きを良くし、フォームの確認などをして、必要があれば筋肉のトレーニングなども指導します。
少しの痛みでも、投球を繰り返すことによって悪化しますので、早めの来院が大切です。
長く経っている痛みも、根本から治療することにより治癒のスピードは速くなります。

ページトップへ