足がつる原因について(こむら返り) 町田市でひざや腰の痛み治療なら、さいとう接骨院

 042-793-7555 山崎本院  042-708-8542 鶴川分院

平日 09:00~12:30 / 15:30~20:00 土曜日 09:00~14:00 定休日(日曜日・祝日)

お知らせ・ブログ

足がつる原因について(こむら返り)

デフォルト画像

「足が攣ったぁぁぁぁぁ!!」

皆さん、1度は経験したことがあるんではないでしょうか。

そんな私も数々の場所を攣ってきました。

今回はそんな「なぜ攣るのか」また、「その後の対処」についてお話をしていこうと思います。

足が攣る事は一般的に「こむら返り」など言い、医学用語では「有痛性筋痙攣」と言われます。

 

〇なぜ攣るのか〇

今のところ、わかっていないことも多いですが、様々な要因・原因があり起こります。

例えば、

・活動が少なく、柔軟性が低い筋肉

・筋肉の過度の使用

・脱水

・ミネラル(電解質)不足・異常

・薬を服用

などなど、さまざまに起こります。

 

 

〇攣った後の対処〇

攣った後はあなただったら、どうしますか?

我慢して待ちますか?ほとんどの人が我慢して耐えるだけだと思います。

なった後の対処についても数々の方法があります。

 

・対象筋へのストレッチング

→筋肉が短縮(縮こまっている)状態なので伸ばしてあげることで筋肉が伸張していきます。

 

・脱水の改善

→水分不足が筋肉にエラーを起こしてしまう原因になります。しっかりと補給することが大事になります。

 

・ミネラル分の補給

→水だけではなく、ミネラル(マグネシウム、カルシウム、カリウム、ナトリウム)も必要になります。

 

〇予防として〇

運動不足、筋肉の柔軟性の低下が「こむら返り」を引き起こしやすくなりますので、定期的な「ストレッチ」を心がけましょう。

特に攣りやすい、「もも裏」「ふくらはぎ」は入念に行いましょう。

それに加えて、寝る前、運動前後にはしっかりと水分とミネラルを補給してエラーを起こさないように努めましょう。

 

 

もし、攣った状態から痛みが引かない、痛みが上がっている事でしたら違う原因で起こる問題なので早めに1度ご相談ください。